大腸がんの初期症状

大腸がんの症状の特徴としては、腫瘍のある患部からの出血が原因で、便に血が混じる血便や下血が起こります。便に血が混じる症状を痔と勘違いする方も多く、大腸がんの発見を遅らせることもあります。
 

また、初期の症状として細い便が出る症状や残便感、腹痛、さらに便秘と下痢を繰り返すという症状があります。特に便秘と下痢を来る返す症状は、大腸がんが進行している場合がありますので、このような症状があるときはすぐに診察を受けるようにしましょう。
 

しかし、大腸がんの症状であるこれらの症状が、わかりにくい場合があります。例えば肛門から遠い場所に腫瘍ができる盲腸がんの場合、出血を起こしていても血便がわかりにくいことがあり、また、血便が出ていても便に血が付着する程度なので、気付かないことがあります。
 

大腸がんの初期の症状はわかりにくく、気付かないままに進行することが多くあります。患者の中には出血していることに気付かずに、貧血を起こして大腸がんでることがわかる方もいます。大腸がんを早く発見するため人も、普段より便の状態を観察することは大切です。
 

大腸がんの症状で腹が張った感じや腹痛がありますが、この症状はつい食べ過ぎたときなど、胃腸を悪くした症状と思い込みがちですが、これが大腸がんの場合は進行性の大腸がんの場合があり、腹部に膨満感を感じます。さらに、腹部には転移してしこりが感じられることもありますので、お腹の異変が長く続くようであれば、医師の診察を受けることが大切です。
 

大腸がんの初期症状はわかりにくく、勘違いや別のことが原因と感じる症状が多いので、大腸がんを早期に発見するには定期的な検診が大切にになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ