患者数の多い直腸がんの初期症状

大腸がんで患者数の多いがんに直腸がんがあります。直腸がんは大腸のS字結腸から肛門に近い部分にがんが発症し、症状も肛門に近いことから比較的に早くから現れ、普段より注意していれば早期に発見のしやすいがんと言えます。
 

直腸がんの症状は血便や下血が起こり、血便の場合、鮮血に近い状態の血が便に混ざり、中には粘液が混ざることもあります。普段より注意して見ていなければ見逃すこともあり、また、便に血が混ざることから痔と間違う方もいます。排便のときにこのような便が出たときは、自分で判断せずに医師の診察を受けることをオススメします。
 

直腸がんの症状の特徴としては、排便の時に便が出にくい症状や、排便に普段と違う違和感を感じることがあります。さらに、腹部に張った感じの膨満感を感じることがあります。
 

これらは直腸がんの初期の症状ですが、がんが進行して腫瘍が大きくなると、直腸内部が腫瘍に圧迫されて便の通り道が細くなり、細い便が出るようになります。細くなった便が出るようになると、腫瘍が大きくなり腸を圧迫していることが考えられますので、大腸がんを疑い診察を受けるようにしましょう。
 

ここまでは直腸がんの初期の症状ですが、さらに放置して症状が進行すると、腸の内部にできた腫瘍が塞いでしまい、排便の流れを詰まらせる腸閉塞を起こす危険もあります。腸閉塞になれば辛い激痛もありますが、緊急の手術を行わなければなりません。
 

お腹の調子が悪いときに便意をいつも感じる、しぶり腹と呼ばれる症状がありますが、直腸がんが発症してるときにもこのような症状がありますので注意が必要です。
 

大腸がんの中でも直腸がんは、患者数の多いがんではありますが、症状が比較的にわかりやすいがんなので、普段より便には気を付けて観察し、血が混じっていないか注意しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ