大腸がんを調べる検査

大腸がんに罹っているか調べる検査は、病院では消化器科で検査を行います。今回は大腸がんを調べる検査についてご紹介します。
 

大腸がんの検査は、他の疾患の検査と同様に問診から始まります。現在の症状、過去の病歴、家族歴などを聞かれて検査に入ります。
 

検査は、まず患者のお腹に異常がないか腹部触診で診て、そして、肛門付近の腸内の状態を診る直腸指診を行います。直腸指診は医師が肛門の中に指を入れて、腸内の状態を診る検査です。
 

腸内を見る検査では、腸に筒を挿入して腫瘍がないか見る直腸鏡検査、肛門鏡検査があります。これらの検査は、肛門付近の腸内の状態を見る検査です。
 

大腸がんの検査では、がんが発症していないか調べる検査も行います。この検査は血液検査や便潜血検査で行います。がんの場合に血液検査や便潜血検査で陰性であっても、断定することは難しいのでさらに詳しい検査を行います。
 

その検査は注腸造影検査や内視鏡検査です。注腸造影検査は造影剤のバリウムを肛門から入れて、腫瘍の状態を確認するために有効な検査です。内視鏡検査は、肛門から内視鏡を入れてカメラで腸内を撮影し、医師がモニターで観察します。内視鏡検査では、ごく初期の大腸がんであれば、内視鏡の先に器具を取り付けて腫瘍を切除することもできます。
 

また、大腸がんの検査では、超音波検査、CT検査、MRI検査といったがんの状態をさらに詳しく調べる検査もあります。このような検査の場合は、大腸がんの発症が確認されて、大腸がん治療を前提に行う検査になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ