大腸がんのさまざまな治療法

大腸がんの治療には、最も一般的な治療として外科手術による手術療法です。手術療法の他には化学療法、放射線療法などがあります。
 

手術療法は開腹手術や内視鏡手術で、大腸にできた腫瘍を切除する治療法です。この治療法は腫瘍のある場所やがんの進行度、腫瘍の大きさなどを考慮して手術方法が検討されます。その為に患者一人一人手術方法は異なります。
 

化学療法は、抗がん剤を使った治療法で、がん細胞に対して死滅させるように攻撃を与えます。化学療法は、手術療法の前に腫瘍を出来る限り小さくして、切除手術を行うために治療する場合や、大腸がんが末期で患者の延命のために、化学療法が行われる場合があります。
 

放射線療法は、大腸がんの病巣に向けて放射線を照射し、がん細胞を死滅させる治療法です。放射線療法は副作用として、倦怠感や食欲不振、下痢などの症状があり、患者の体調なども考慮して慎重に行わなければならない治療法です。
 

また、大腸がんの再発の対策として行われることもありますが、大腸がんの場合、腺がんであることが多いので多くはこの治療法は行われていません。
 

大腸がんの治療には実際に、いくつかの治療法を組み合わせて治療を行ったり、化学療法においてもいくつかの抗がん剤を組み合わせて、治療が行われています。
 

この他の治療法としては免疫療法といい、身体が持つ免疫力を利用した治療法があります。これは、身体の免疫力を高めがん細胞に対して攻撃を与える治療や、手術後の身体の免疫力を高めるために薬を投与して完治を目指す治療が行われています。さらに、漢方療法や遺伝子療法などの治療法も行われていて、近年では新しい治療法も研究開発されて、行われています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ