大腸がん治療の手術療法

大腸がんの治療法として、最も有効な治療法が腫瘍を切除する手術療法(外科療法)です。この手術療法についてご紹介します。
 

大腸がんの手術療法は、患者のがんの状態を超音波検査、CT検査、MRI検査などで詳しく調べ、それぞれの患者に合った手術方法で治療が行われます。最も初期の検査の段階で見つかった大腸がんについては、検査中に切除することがあります。
 

これは、内視鏡を使った大腸の内視鏡検査で、明らかにがん化した腫瘍である場合に、内視鏡の先に器具を付けて腫瘍を切除します。ただこの場合はごく小さな腫瘍に限られています。
 

内視鏡で切除する手術は、検査中だけに行われているものでもなく、切除が可能な小さな腫瘍に対して行われています。また、内視鏡による切除手術は、開腹手術ではないので術後の回復も早く、患者負担が少なくて済みます。
 

大腸がんの治療で近年よく行われている手術療法では、腹腔鏡手術です。この腹腔鏡手術は、通常の手術療法のように開腹手術を行うのではなく、腹部に数か所の穴を開け、そこより内視鏡のような腹腔鏡を挿入して、切除する患部を腹腔鏡のカメラで撮影してモニターで確認しながら腫瘍を切除します。この手術方法も内視鏡手術のように、術後の回復が早く患者負担が軽くて済みます。
 

内視鏡手術や腹腔鏡手術が行えない大腸がんについては、以前より行われているお腹を開腹する開腹手術が行われます。開腹手術はお腹の中心を上から下へ開腹する方法と、直腸がんのように肛門に近い場合は、肛門か尾骨辺りを切開します。
 

大腸がんの中で直腸がんの手術は、術後の排便のことを考えて、自律神経温存術、肛門括約筋温存術、人工肛門という手術法になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ