大腸がん治療の放射線療法

大腸がんにおける放射線療法は、がん細胞の増殖を抑制し、結果的にがん細胞を死滅へと向けていきます。また、放射線療法は痛みの症状の緩和にも効果があり、痛みの抑制のためにも行われています。
 

大腸がん治療に放射線療法は、どのような場合にも適用されるものではなく、大腸がんの多くは腺癌であることから、あまり行なわれない場合が多いようです。
 

大腸がんでの放射線療法は、腫瘍の摘出手術の前に出来る限り腫瘍の大きさを小さくする場合や、他の臓器へ転移がある場合、摘出手術の難しい箇所に腫瘍がある場合に行われ、放射線療法だけで治療が行われることは少ないようです。
 

放射線療法は大腸がんの治療では、他の治療法をサポートするような治療になり、切除手術の他に抗がん剤を使った化学療法と併用して行われる場合もあります。
 

大腸がんの治療で放射線療法が行われる例は、大腸がんが骨に転移している場合や、脳転移がある場合など、腫瘍の摘出手術が困難な場所にある場合です。
 

また、大腸がんが進行して強い痛みがある場合に、痛みの緩和に効果がありますので放射線療法が行われます。進行したがんの痛みの症状は非常に強く、鎮痛剤を投与して効かないと言われています。
 

そして、放射線療法が行われる場合として、大腸がんが再発しないように防止のために行われます。大腸がんの場合、特に直腸がんは再発率が高く、完治しても将来に再発の心配がありますので、再発の可能性を少しでも小さくするために行われます。
 

大腸がんの放射線療法は、直接にがん細胞に照射して影響を与える治療法として、効果が高い治療法になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ