大腸がんの病期(ステージ)

大腸がんの腫瘍は、まず最初に大腸内部の腸壁の表面にできます。これが進行するとともに深部へ進行し、外側へと成長していきます。
 

大腸の壁は内側から粘膜、粘膜下層、固有筋層、奨膜(しょうまく)の順に構成されています。大腸がんは内側から外側へ進行しますので、腸壁のどの部分まで浸潤しているかで、がんの病状を示す病期(ステージ)に分類されます。
 

大腸がんの病期は0期から4期の5段階に分類されています。
 

大腸がんがステージ0期の状態は、ごく初期の大腸がんで一番内側の粘膜にがん細胞がとどまっている状態で、この時期に発見するには定期的な検査を行っていれば発見できます。
 

また、治療も内視鏡で切除できる簡単な治療になります。自覚症状はほとんどありませんので、気付く方はいないでしょう。その為にこの状態では発見されず放置されることが多くなります。
 

ステージ1期になれば、がんは進行しているものの大腸壁にとどまっていて、内視鏡でがんを切除することも可能です。
 

ステージ2期は、がん細胞が腸壁から外側の部分まで進行して、他への転移はないものの腫瘍の摘出手術が必要になります。摘出手術で的確に腫瘍が摘出できれば、術後には順調に回復して完治することが可能です。
 

ステージ3期になると、がん細胞がリンパ節へ転移している状態になります。この場合の治療も腫瘍の摘出手術が有効で、がんの腫瘍と周辺に転移したリンパ節を切除します。また、転移をしていますので、抗がん剤を使ってがんが広がらないように、また小さくする治療も行われます。
 

大腸がんがステージ4期になると、肺や肝臓に転移が診られ、可能な治療法にも限りができ、、外科療法や化学療法、放射線療法などが駆使されて治療します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ