大腸がんの症状である便秘と下痢

大腸がんの初期の症状には、便秘と下痢を繰り返す症状があります。この症状は特に注意しなければならない症状になります。
 

大腸がんの症状では、便に血が混じる血便や下血という症状がありますが、このような症状が現れれば異変であることはすぐにわかり、診察を受ける方も多いことでしょうが、便秘と下痢は比較的によくある症状なので見過ごされがちになります。
 

また、便秘と下痢の原因が大腸がんである可能性を、ほとんどの方が認知していないこともあり、さらにがんを進行させる要因になります。
 

大腸がんが原因で起こる便秘と下痢の繰り返しは、腸内にポリープができていることが多く、ポリープが直腸までの間に発症すれば、この部分が狭くなり便が通過しにくくなり、この為に便秘が起こります。そして、便秘を解消するために下剤を服用し、一時的には改善されますが、さらにポリープが成長すれば、下剤で便を軟らかくしても狭くなった部分を便が通過せずに、最悪の場合は腸閉塞を起こします。
 

下痢を繰り返すのは下剤の影響があります。ポリープで細くなった部分を便が通過するために、かなり柔らかい状態でなけれな通過しなくなるからです。
 

また、便秘と下痢を繰り返すことで、腸内で硬くなった便がポリープのある部分を通るときに、腸壁を傷つけて出血し、血便を起こします。
 

便秘が続き、下剤で一時的に解消しても、また便秘をして下剤で下痢を繰り返すような症状がある場合は、大腸内にポリープができていることを疑い、速やかに医師の診察を受けるようにしましょう。大腸がんが発症して、進行していることもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ