大腸がんの予防の有効手段

大腸がんを予防するには、いろいろな有効な手段があります。大腸がんを予防する最も有効な方法をご紹介します。
 

まず一番大切なことは、大腸がんは初期症状がほとんど感じませんので定期的な検診を受けることです。大腸がんは早期に発見できれば、早くに治療を開始でき、完治する可能性も高くなります。毎年、定期的ながん検診が有効な予防対策になります。がんの定期検診を始める年齢は、一般的に40歳を超えた頃から始めることをオススメします。
 

大腸がんを予防する有効な手段には、日常の食生活も大切になります。大腸がんの発症原因には、動物性タンパクや脂質を普段より多く取っている食生活を送っている方に、発症リスクは高くなっています。
 

さらに、食事の中に野菜が不足している方は、大腸に悪い影響を及ぼしますので、野菜の食物繊維やビタミン類、ミネラル分の豊富な食事に改善しましょう。
 

大腸がん予防には、普段の運動不足も関係します。身体を激しく動かすような運動でなくても、散歩やウォーキングといった、毎日無理なく続けられる運動を行いましょう。
 

生活習慣の中でも、大腸が予防のために改善することはあります。最も改善して欲しいことは禁煙です。タバコは有害物質がたくさん含まれていますので、大腸がんの発症を高めますが、肺がんの発症リスクも非常に高めます。タバコは中毒性がありますのでなかなか禁煙できませんが、大腸がん予防のために、是非、禁煙しましょう。
 

また、飲酒も大腸がん発症のリスクを高めています。過度の飲酒を行うと大腸がんの発症リスクを高めることが確認されています。お酒は適量を守るように普段より気を付けましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ