大腸がんとアルコールの影響

大腸がんの発症にはアルコールも大きく影響しています。アルコールは適量に飲み過ぎないようにすれば、影響も少なく「百薬の長」といわれているほど、良い関係もあります。
 

しかし、アルコールも量が過ぎて過度の飲酒をする習慣がある方は、大腸がんの発症リスクを高め、特に直腸がんの発症リスクを非常に高めます。
 

アルコールが大腸がんの発症リスクを高める理由は、飲んだアルコールが分解されて生成された成分のアセトアルデヒドに原因があります。
 

これは、飲んだアルコールは肝臓内の分解酵素で代謝されてアセトアルデヒドを作り、解熱過程が進み炭酸ガスと水へ変えられます。このアセトアルデヒドは悪酔いや二日酔いの原因となり、発がん性のある物質であります。さらにアセトアルデヒドは、大腸の粘膜に悪影響を及ぼし、大腸がんを発症しやすい状態を作ります。
 

お酒の強いかと弱い方がいますが、これも大腸がん発症リスクに差があります。この差はお酒に弱い方が大腸がんのは症リスクが高く、アルコールを飲まない方と比較して9倍ものリスクが高くなります。
 

飲酒の習慣のある方とそうでない方を比較すると、大腸がんに罹っている方の差は2倍以上になることが報告されています。
 

大腸がんの予防にはお酒は飲まないことが良いのですが、社会生活の中ではお付き合いや仕事上の接待などで、全く飲まないことができない場合もあります。また、お酒でストレスを解消する方もいます。お酒は飲み過ぎないように自分でコントロールすることが大切で、適量を守ることが大腸がんの予防になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ