大腸がんとポリープ(線種)

大腸がんのもととなる、大腸の粘膜にイボのようなできものが出来ることがあります。これはポリープといいほとんどの場合は良性のポリープで、がんではありませんが中には将来にがん化するものもあります。この為に大腸にできたポリープは、どのようなポリープなのか詳しく検査する必要があります。
 

大腸にできるポリープは、腫瘍とそれ以外のポリープに分類し、さらに腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、悪性のものががんで良性のものは線種といいます。
 

一般的にポリープといえばのことをいい、大腸のS字結腸や直腸に良く発症します。線種以外のポリープでは潰瘍性大腸炎に罹ったときに診られるものや、加齢により大腸の粘膜が過剰に増殖した過形成のポリープがあります。
 

心配になる、ポリープの中で大腸がんへがん化する可能性のあるポリープは、良性腫瘍の線種性ポリープで、大腸粘膜の分泌腺の細胞にできるポリープです。これが、がん化する可能性のあるポリープです。
 

大きさは数mmから1cm程度のものですが、がん化するポリープは成長して大きくなりますので、1cm以上の大きさになればがん化する恐れがありますので、経過観察が大切になります。その為に良性のポリープでも5mm以上の大きさになれば、切除することが望ましいと考えられています。
 

また、ポリープは小さいものでも形のいびつなものや形が陥没しているものは、何かの異常があることがあり、5mm以下の大きさでも切除します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ