大腸がんに診られる出血

大腸がん特有の症状には、血便や下血があります。この症状は大腸がんの他にもよく似た病気がありますので、大腸がんの初期症状としては勘違いされる方も多いので、他の病気との違いについてご紹介します。
 

排便の時に便に血が混じるという症状で、最も紛らわしいのは痔です。いぼ痔、切れ痔、痔ろうなど、痔にはいろいろな種類がありますが、いずれにしても排便時に出血があり、便に血が混じることがあります。
 

また、大腸がんの場合も痔の場合も、排便時に痛みがありますので、多くの方はまさか大腸がんと疑う方は少なく、痔の症状だと勘違いして放置する方も多く、大腸がんを進行させる結果になります。
 

大腸がんと痔の場合の出血の違いについて紹介しますと、痔の場合は患部からの出血になりますので、便に血が混じることは少なく、これが大腸がんの場合は、便に血が混在しています。つまり、便の内部にまで血が混じっている場合は大腸がんで、便の表面だけに血が付いている場合は痔になります。
 

便に血が混じる症状には、腸内で急性に発症した腸炎の場合もあります。腸炎は腸内が炎症を起こしている状態なので、出血することがあります。
 

また、大腸ポリープの一部が破損して出血を起こし、便に血が混じることがあります。ポリープの破損の場合も大腸がんの症状とよく似ていますが、大腸ポリープは破損するほど大きなものは、放置すればがん化する恐れもありますので、切除も考えましょう。
 

どのような場合も、便に血が混じる症状や出血がある場合は、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ