大腸がんの再発について

がんは完治しても再発の心配がありますが、大腸がんについても同様のことが言えます。再発は一度がんが完治したが、再びがんが発症することで、大腸がんの場合は完治した患者の3~4割の方に再発が起こります。がんが再発する時期は、切除手術を行って2~3年が再発しやすく、手術後は3~4か月に一度、検査の必要があります。
 

がんの再発には、最初に発症した場所やその付近に発症する局所再発と、最初の場所とは全く違う臓器に転移し再発する遠隔臓器再発があります。どちらの再発したがんも、最初より重症化しやすくなります。
 

大腸がんのうち直腸がんが再発した場合は、重い症状になることが多く、肛門を人工肛門にしなければならないケースもあります。このようにならないためにも、治療後の経過観察や生活習慣も大切になります。特に経過観察を診る定期検診を欠かしてはなりません。
 

大腸がんの再発は、がんの進行度合いによって再発する確率も変わってきます。大腸がんがリンパ節へ転移している場合は、再発する可能性も高くなります。また、リンパ節への転移は、大腸から肝臓や肺へリンパの流れに乗って遠隔転移する可能性も高くなります。
 

大腸がんの治療においても、がんの再発については的確で確実な治療が行われています。がんが再発しないように、切除手術でがん細胞を確実に切除し、抗がん剤や放射線療法で完全にがんを死滅させます。
 

大腸がんの再発したがんについても、がんの状態にあった治療法で治すことができますので、まずは再発しないように、生活習慣などに気を付けて再発防止に努めます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ