大腸がんの摘出手術後の食事

大腸がんで腫瘍の摘出手術後の食事について、ほとんどの場合は入院中ですから食事は病院で用意されますが、術後の食事について注意することをご紹介します。
 

大腸がんで腫瘍の摘出手術は、消化器官の大腸を手術しますので、消化が良く、栄養豊富な献立にします。術後に食事が取れるのは2日から5日が経ってからで、どのような手術か、患者の体調にもよります。食事で注意することは、大腸に負担の掛からない食べ物にします。
 

手術後の1~2か月は大腸の機能は未だ完全に回復していませんので、消化の良いものだけにします。特に脂肪や動物性タンパク質が多いものは避け、野菜などに多く含まれる食物繊維が含まれた食品も、消化に時間がかかり腸に負担が掛かりますので避けるようにします。また、腸内で発酵する豆類やフルーツなども避けます。
 

繊維質の少ないものを選び、柔らかい食材で消化の良い料理を、食べ過ぎないように控えめの食事にします。また、術後の肥満も良くありません。
 

大腸がんには刺激物は良くないとされて避けますが、術後の食事でもスパイスの効いた食事や嗜好品のコーヒーやカフェインを含んだもの、冷たく冷やした飲み物、特に炭酸飲料は出来る限り避けるようにしましょう。
 

術後の食事と並行して、食事を取る時間も毎日同じになるように、時間を決めて食べるようにします。夜食を食べたりおやつなどの間食を食べすぎないように、規則正しい生活習慣から整えていきます。
 

大腸がんの術後の食事について、腸に負担の掛かる食事は避けて、消化の良い自重した食生活にします。不規則に乱れた食生活は、術後の治療にも影響しますので、注意が必要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ