大腸がんの高額になる医療費

がんの治療費は高額になる場合が多くあります。がん治療はいろいろある治療方法によって、その費用にも大きな差が生じます。これは、最新の機器で検査や治療を行うと高額になり、また化学療法の抗がん剤についても、新薬であったり保険適用外であればかなりの費用負担になります。
 

抗がん剤は薬の中でも特に高額なものになり、1回に3~4万円かかるものやそれ以上のものも珍しくありません。抗がん剤を使った化学療法と放射線療法を組み合わせた治療法になれば、かなりの費用負担になります。
 

さらに、入治療中の入院ベッド代についても、個室の完全看護の部屋であれば、毎日の費用も高額になり、これが長期になればかなりの負担になります。
 

このような高額な医療費は大腸がんの治療においても同様で、保険が適用されても高額になることがほとんどです。
 

このように高額な医療費の負担を軽減するために、高額療養費制度がありますので、これは必ず利用するとよいでしょう。高額療養費制度は、1か月にかかった医療費が自己負担限度額を超えたとき、超えた分の医療費の還付が受けられるものです。高額療養費制度には所得や年齢に条件がありますが、がん治療のように高額になる医療費に対して役立つ制度です。
 

さらに、近年はがん保険といったがんに特化した生命保険があります。がんに罹って治療を行ったときに請求する生命保険で、最近は高度医療にも適用された保険がありますので、がん保険に加入されていない方は、一度検討されては如何でしょう。
 

直腸がんなどの治療で人工肛門を付けた場合には、障害者認定があります。この場合にはいろいろな制度が受けられ、生活の上でも減免や減額が受けられます。これについては各市町村で違いますので、それぞれに問い合わせが必要です。
 

このように医療費の負担については、いろいろな制度や保険がありますので、がん治療や生活に不安がないように、準備したいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ