がん治療を知る:”がん”とは何か

がん治療には、まず「がん」そのものを知ることが大切です。今回はがんについての基本的な話をしていきます。
 

人の細胞は、体の各部分でそれぞれの働きを持って常に活動しています。すべての細胞には必ず寿命があり、寿命がきた細胞は新しい細胞と入れ替わります。
 

しかし、その細胞が外的や内的な原因で、制御不能となり無秩序に異常増殖していくのが腫瘍細胞です。この腫瘍細胞には良性と悪性があります。良性腫瘍は命の危険はほとんどありません。増殖がおだやかで、臓器や生命に大きな影響を及ぼさないのです。
 

そして悪性腫瘍こそが「がん」であり、血管やリンパ管を通り転移したり、周囲の組織に侵入する性質があります。この悪性腫瘍が体の中で、増殖と転移を繰り返していくのです。
 

そして悪性腫瘍が、細胞の栄養分を奪い、だんだんと体に変調をきたしていきます。がんは、転移した先で臓器を破壊していきます。臓器が出血したり、生命維持に必要な機能を果たせなくなるなど、大きな影響を与えるのです。
 

がんは主に次の二つに分けられます。
 

・「肉腫」—-骨・神経・筋肉など非上皮性細胞から発生
・「がん腫」—-皮膚・粘膜などの上皮性組織から発生

 

がん治療において最も重要なのは、早期発見と早期治療です。そのためには、定期的な検診が必要不可欠です。
 

近年では医療技術の進歩によって、がんは治る病気になりつつあります。がん検診は義務ではありません。しかしそれは必ず受けるべき検診の1つと言えるでしょう。
 

実際にがん検診を受診していれば助かった方も多くいるのです。がんから自分の身を守るために、必ず検診を受けましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ