3大がん治療法

がん治療の方法である、外科的手術、放射線治療、化学療法を3大がん治療法といいます。
今回は3大がん治療法についての説明していきます。
 

■外科的手術
これが最も一般的ながん治療の方法です。特に初期がんの場合には大きな効果を発揮します。がんの取り残し防止のために周囲の組織とリンパ節を取り除くこともあります。
手術には次のようなものがあります。
 

・がん発生の臓器すべてを取り除く全摘術
・一部を残し大部分を取り除く亜全摘術
・がん発生部分だけを取り除く部分切除
・がん発生の臓器と隣接する臓器を取り除く拡大切除・広汎全摘
 

■放射線治療
放射線照射によって、がん細胞の発育・増殖を抑制する治療法です。がん細胞のDNAに作用させ増殖を抑え、アポトーシスを起こさせてがん細胞を死滅させます。
 

手術や化学治療と併用すれば、大きな効果を得ることができます。技術が格段に進歩しており、より正確にがん細胞だけに多く照射できるようになりました。
 

放射線治療はがんの根治治療から緩和治療(痛みを和らげる目的の治療)に、幅広く使われています。
 

■化学療法
化学療法の1つに、抗がん剤治療があります。抗がん剤はがん細胞だけでなく、正常細胞にまで作用するので、副作用がある場合もあります。
 

主な副作用は脱毛や吐き気、発熱などです。ですので治療の必要性をよく理解したうえで効果的な治療を受けましょう。
 

この他に、化学療法には免疫賦活剤(めんえきふかつざい)やホルモン剤を用いるものがあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ