がん治療薬としてのサリドマイド

サリマイドをご存知でしょうか?
 

サリドマイドは、昭和30年代に睡眠薬として販売された薬で、妊娠中にサリドマイドを服用した女性から、四肢の一部ないし全部、耳がないなど体に異常をきたした赤ちゃん(サリマイド児)が生まれ、社会問題になりました。昭和37年に販売中止となっています。
 

しかしサリドマイドはがん治療において、再び注目されることになります。血液のがんである多発性骨髄腫の治療に効果が認められたのです。
 

平成17年に厚生労働省は、サリドマイドを希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)に指定しました。
 

希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)は、エイズや難病などの医療上の必要性が高いが、患者数が少ないために研究開発が遅れることを防ぐために、税制などの優遇措置を受けることができる医薬品です。
 

平成18年に藤本製薬は、多発性骨髄腫の治療薬として国内承認申請を行いました。そして、平成20年に厚生労働省の薬事分科会における審議において、サリドマイドの製造販売承認可を差し支えない、との審議結果が出ました。
 

これによって、サリドマイドが多発性骨髄腫の治療薬として製造販売承認される見通しとなっています。がん治療に効果があると認められたサリドマイドですが、胎児成長障害などの副作用の危険性がなくなったわけではありません。
 

徹底した安全管理が求められます。ですが、がん患者にとってはがん治療に期待の持たれる治療薬です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ