ホルモン療法の効果と副作用

乳がんが早期発見された山田邦子さんが、現在受けているがん治療がホルモン治療です。
ホルモン療法とは、抗ホルモン剤の投与で、血液やリンパ液によって全身に散らばった可能性のあるがん細胞の増殖を抑え、がんの転移・再発を防ぐがん治療です。
 

このホルモン療法は、ホルモンが関係する乳がんや子宮体がん、前立腺がんなどに効果があります。がんの成長に必要なホルモンを止めれば、がん細胞に栄養が届かず、がんの成長を阻止できます。
 

山田邦子さんが飲んでいるノルバデックス(一般名タモキシフェン)も、エストロゲンという女性ホルモンの働きを妨害して、がんの成長を阻止する治療薬です。
 

がんの発育阻止のコントロールをする治療薬なので、どうしても長期間の治療となってしまいます。このノルバデックスでの治療期間は5年間です。
 

ホルモン療法は正常な細胞にはほとんど影響しないので、吐き気やだるさ、脱毛のような副作用はあまりありません。しかし、抗ホルモン剤の投与では更年期障害などの副作用があります。
 

男性がかかる前立腺がんでは男性ホルモンと強い関係があります。前立腺がんでは精巣自体を取ってしまう場合もありますが、それができない場合などは抗ホルモン剤を投与します。
 

そのため、この場合の抗ホルモン剤は男性ホルモンを抑える女性ホルモン剤を投与するのです。このため、副作用では、女性と同じような更年期障害の症状が起こることがあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ