がん治療と健康食品

がん治療をしながら、健康食品を摂取している方は少なくありません。確かに健康食品は食品ですが、摂取する方法によっては、健康どころか逆に健康を損ねる危険性もあり、決して過剰に摂って良いという訳ではありません。
そこで今回は、健康食品について考えていきましょう。
 

まず健康食品とは何を意味するのでしょうか?一般に販売されている健康に配慮した食品に、特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品があります。
 

特定保健用食品(トクホ)は健康上有効であるという結果が明らかになっていなければなりません。
 

栄養機能食品は、特定のビタミンやミネラル補給のための食品で、国の基準を満たしていれば栄養機能表示が許されます。トクホの食品は1日の摂取量が表示されているものもあります。
 

しかし、一般に健康食品として販売されているものは、このような特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品ではないのです。健康食品と言われる商品は、あくまで一般の食品に分類されるものです。今までにがんに効果がある特定保健用食品は、一度も販売されていません。
 

ですから、がんに効果的な健康食品は、現在は存在していないのです。栄養素には摂取しすぎると、逆に体に悪影響を与えてしまうものもあります。サプリメントを摂りすぎることは、必ずしも健康にはつながらないのです。
 

健康食品は、がん治療として摂取するのではなく、あくまで食品として安全な食べ方をすることが重要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ