がん治療と抗がん剤

がん治療に抗がん剤は欠かせないものです。がん細胞は分裂が早いので、がん治療で使われる抗がん剤は、分裂の早い細胞を攻撃する役目があります。がんが全身に転移する可能性があるもので、局所手術での治癒が難しい場合などに用いられます。
 

一般的に抗がん剤と言えば、強い副作用があると思われていますが、現在も抗がん剤の進歩はめざましく、副作用を和らげる薬もできているのです。
 

がん細胞は、DNA合成や細胞分裂を頻繁に繰り返すので、増殖スピードが速いのが特長です。この性質をもった細胞を抗がん剤は攻撃してくれるのです。がん細胞の増殖を抑える役目をしてくれます。
 

しかし、毛髪の細胞も増殖スピードが早いため、抗がん剤の副作用で毛髪の細胞が攻撃されることがあります。これによって副作用で毛髪が抜けてしまったりします。
 

現在では、がん細胞だけをピンポイントで攻撃し、できるだけ正常細胞を傷つけない抗がん剤、分子標的薬などができています。
 

抗がん剤の使い方には、手術後、がんが転移、再発しないように使用する場合があります。また、抗がん剤で大きながんを小さくして手術するのにも用いられます。
 

抗がん剤を複数用いることで、それぞれの抗がん剤の長所を活かすことが出来ます。これによって副作用を少なくし、進行がんを手術できるようになっています。
 

抗がん剤の種類には、細胞障害性抗がん剤と分子標的治療薬があります。
 

細胞障害性抗がん剤は、代謝拮抗剤(たいしゃきっこうざい)、抗がん性抗生物質、アルキル化剤、細胞の中にある微小管の働きを止めることにより、がんを死滅させる微小管阻害薬などに分けられます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ