温熱療法とがん治療の効果

がん細胞は増殖力は強いですが、正常細胞に比べて熱に弱い特性があります。がん細胞は41度でダメージを受け始め、42.5度で死んでしまうのです。
 

この性質を利用したがん治療が温熱療法で、ハイパーサーミアと呼ばれます。正常細胞は加温しても体温を一定に保つ働きで細胞が守られますが、がん細胞は加温によって死滅してしまうのです。
 

温熱療法は単独でがんを治癒するのは難しく、化学療法や放射線療法と併用するがん治療です。特に体の奥にあるがんは、骨や脂肪により熱が届きにくく、温熱療法だけで治すのは難しいのです。
 

温熱療法には、全身温熱療法(全身を加温)と、局所温熱療法(がんとその周辺の加温)があります。主に使われているのは局所温熱療法です。局所温熱療法では、電磁波やマイクロ波で患部を温めます。加温時間は45分~60分程度。
 

体の外から放射するのが一般的ですが、食道、子宮、直腸、胆管などは、口や腟、肛門などから器具を入れて加温する場合もあります。
 

温熱療法は、副作用がなくというメリットがあります。がんを弱らせて、併用している抗がん剤の効き目も大きくするのです。デメリットとしては、加温することによる痛みや、やけどです。
 

温熱療法は1996年より保険が適用できることになりました。ですが温熱療法だけでは治癒が難しいので、現在の温熱療法は局所進行がんや再発したがんに対するがん治療となっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ