がん治療に効く秋田県玉川温泉

がん患者が集まる温泉で有名なのが秋田県の玉川温泉です。JR鹿角花輪駅からバスで1時間、新幹線田沢湖駅からはバスで80分の場所にあります。
 

玉川温泉の泉質は、pH1.05の強酸性の湯で、軽い発泡性あり。微量の放射能が温泉水、湯華、土砂に含まれています。源泉は98度の高温です。
 

ここで生成、産出されるラジウムを放射する北投石は特別天然記念物です。温泉より岩盤浴が有名です。
 

また玉川温泉の源泉は、配送もしてもらえて便利です。玉川温泉は通常の温泉とは違い、療養・静養を目的としています。
 

玉川温泉は奇跡の温泉とも言われており、玉川温泉の効能には、リウマチなどの神経疾患・慢性の皮膚病・肝機能の活発化があります。
 

がん治療の効能があるとは書かれてはいませんが、この温泉でがんが治ったという話を聞いてがん患者が多く集まってきているのは事実です。
 

地熱で温まった岩盤の上で、多くの人がござを敷き、その上に寝転がっています。
 

がんに効くという口コミで、玉川温泉に行くツアーも多くなっています。がん治療でがんと戦っている人たちには、多くの患者が集まるこの温泉は、勇気付けられる温泉といえるでしょう。
 

実際にがん治療の効果がなかったとしても、精神的な癒しの場であることは間違いありません。
 

玉川温泉の他に、がん患者が集まる温泉として有名なのが、福島県の三春温泉です。ザ・ドリフターズの故いかりや長介さんも末期がんになった時に通っていました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ