肺がんは喫煙者に多い

肺がんは知名度の高いがんですが、大きく分けると、小細胞がんと非小細胞がんに分けられます。非小細胞がんは、さらに次のような種類があります。
 

・腺がん
内臓の分泌物を出す腺組織にできるがんで、肺がんの60%を占める。
 

・扁平上皮がん
肺の入り口付近にできるがん。喫煙との関係があり、非喫煙者はほとんどかかりません。転移が遅く、完全にがんを切除できると治癒の可能性が高く、放射線治療も有効です。
 

・大細胞がん
肺がんの約5%を占める。肺の末梢部に多いがんです。非小細胞がんは、進行は比較的穏やかですが、がん治療では抗がん剤が効きにくい特徴があります。
 

小細胞がんは、喫煙者や喫煙経験者に起こります。他のがん細胞と比べ小さな細胞なので、この名で呼ばれています。小細胞がんは、腫瘍の発育が早く、転移を起こしやすいのですが、がん治療において抗がん剤や放射線治療が有効です。
 

小細胞がん・非小細胞がん共に初期症状は、咳、痰、血痰、呼吸困難、胸痛、発熱、背痛などです。肺がんの原因は、喫煙、受動喫煙、排ガスなどによる大気汚染、アスベストなどです。
 

特に肺がんと喫煙との関係は大きいです。ですが喫煙は肺がんだけでなく、胃、肝臓、腎臓、骨髄性白血病など他の多くのがんのリスクになります。
 

がん予防には、禁煙は最も効果があるともいえるのです。禁煙はがんだけでなく、肺炎や心筋梗塞などの予防にもなるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ