悪性胸膜中皮腫とアスベスト

平成19年に、悪性胸膜中皮腫向けの薬、ペメトレキセド(商品名アリムタ)の製造販売が、厚生労働省から承認されました。
 

悪性胸膜中皮腫はそれまで有効ながん治療の方法がありませんでした。悪性胸膜中皮腫は、以前ニュースなどでも話題になったアスベストが原因のがんで、発症は曝露から20~50年です。
 

中皮は、肺を包んでいる肺膜、胃腸・肝臓などの腹部臓器を包んでいる腹膜、心臓を包んでいる心膜を覆っています。
 

この中皮から発生した腫瘍が中皮腫で、部位により、胸膜中皮腫・腹膜中皮腫・心膜中皮腫があります。胸膜中皮者・腹膜中皮腫の原因がアスベストです。
 

さらに、中皮腫には良性と悪性があります。悪性には、1ヶ所にかたまりを形成する限局性のものと、広く胸膜や腹膜に沿って発育する、びまん性のものがあります。
 

良性のものは、すべて限局性の中皮腫です。限局性、良性の中皮腫のがん治療では、外科療法での治癒が期待できます。
 

2005年、大手機器メーカーのクボタが、従業員および周辺住民にアスベストが原因と思われる中皮腫などの疾病が多数発生していたと発表し、話題になりました。
 

社会問題となったアスベストですが、もともとは結晶が繊維状になった鉱物で、加工が楽で価格が安いため、断熱・耐火・吸音など色々な用途で使われました。
 

天井や壁にセメントと混ぜて吹き付けられ、ドライヤーや防火カーテンなど身近なものにも多く使われました。
 

アスベスト吸入が原因となる疾病には、悪性中皮腫の他、肺がん、石綿(アスベスト)肺があります。石綿肺は肺が繊維化する、じん肺(肺繊維症)の1つです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ