がん治療と費用:高額療養費

がん治療をする上で気になるのが医療費です。がん治療はかなりの長期間に渡るので、医療費が家計を圧迫することも多々あります。
 

しかし現在の制度で、高額療養費や身体障害者の医療費負担枠、障害年金などを上手く利用すれば医療費の負担を抑えることができます。
 

医療費の減免が認められるのに、高額な医療費が重圧とならないよう、利用できるサービスがあるかどうかを調べることも大切です。医療費負担を軽減することもまた、大切ながん治療の一部と言えるのです。
 

高額療養費は、高額な医療費負担を軽減させる目的で、その月の1ヶ月の自己負担額が所定の金額を超えた場合に、超えた部分が返還される制度です。
 

ただし、差額ベッド代や食費などはその対象とはならないので注意してください。以下は70歳未満の被保険者・被扶養者の入院、もしくは入院と外来の合算での自己負担上限です。参考にしてください。
 

--------------------------
上位所得者(標準報酬月額53万円以上)の自己負担上限額 
150,000円+(医療費の総額―500,000円)x1%

一般(標準報酬月額53万円未満)の自己負担上限額 
80,100円+(医療費の総額―267,000円)x1%

低所所得者(市町村民税非課税など) 
35,400円 

入院が長期に渡り、その年の高額療養費支給が直近の12ヶ月で4回以上になる場合
4回目から上位所得者は83,400円、一般は44,400円、低所得者24,600円
-------------------------
 

以前の高額療養費制度の利用には、申請後3ヵ月過ぎてから、上限額を越えた部分が返還されていました。
 

しかしこれでは、最初にまとまった額のお金が必要で、家計を圧迫するという批判もあり、現在では事前の手続きで、一医療機関ごとの窓口支払を自己負担限度額までにとどめるられるようになりました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ