がん保険・がん特約と給付金

がん治療が必要になった時に備えて、がん保険に入っている人、これから入ろうと考えている人は多いのではないでしょうか。がん保険は、保険対象の病気をがんに特定した医療保険です。がんによる入院給付金は無制限です。
 

注意点としては、がん保険は契約してから90日もしくは3ヵ月後(会社により異なる)に、保障が開始されることです。この90日もしくは3ヵ月は待ち期間であり、もし待ち期間内でがんと診断されたら、契約は無効となってしまうのです。
 

がん保険の約款では、がんのことを通常「悪性新生物」と表記してあります。ですのでがんであれば、すべてが保険の適用になるとはいえません。
 

具体的にいうと、上皮内がんや皮膚がんの一部は、適用にならないものがあるのです。また手術した結果、がんではなかったり、良性腫瘍だったりしば場合も通常では保険金が支払われないので、一度約款を確認してみましょう。
 

がんと診断されたときに受け取れるがん診断給付金は、1回のみ受け取れる会社、複数回受け取れる会社があります。
 

また、がん高度障害保険金は、がんを原因として高度障害になった場合に受け取れますが、がん以外の原因で高度障害になった場合、受け取れる商品と、その後の保険金が免除になる商品があります。
 

がん通院給付金は、がんで入院し、退院後のがん治療での通院で受け取れる給付金ですが、会社によっては入院前の通院でも給付金を受け取れる場合があります。まずは約款を確認してみましょう。
 

このように、がん保険に契約する前には、必ず説明を受け細かい規定を教えてもらってください。わからないことがあれば必ず質問しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ