皮膚がんとは?ホクロとの違い

これから皮膚がんについて説明していこうと思いますが、まずはおおまかに皮膚がんの全体像について説明します。
 

皮膚がんは普通のホクロと何が異なるのでしょうか?まずは、ホクロと違って成長の速度が非常に速いということです。いつの間にか自分が気づかないうちに似てはいるけどホクロとは少し違うものが現れたりすることがあります。
 

第二に、かゆくなったり、膿んだような感じがすることがあります。普通のホクロは痛くも痒くもないですが、皮膚がんには自覚症状があらわれます。もし思い当たることがあったら、素人判断は危険ですので、病院での精密検査を受けた方がよいでしょう。
 

皮膚がんに関連して「メラノーマ」という言葉があります。これは皮膚がんの一種で「悪性黒色種」に分類されます。ホクロが黒く変色したように見えます。このメラノーマはやがて皮膚がんとなる可能性があるものです。このように色からも皮膚がんの可能性を疑うことができます。
 

皮膚がんはその特徴として足裏にできる傾向があります。病院で足裏を診てもらうのも良いですが、自分でも日頃から足裏を観察してみることをお勧めします。
 

皮膚がんは文字通り皮膚のがんですので、紫外線の影響が見逃せません。紫外線が皮膚に良くないのは、美容的な問題だけでなく、皮膚病に対しても同じです。
 

普通に生活していると皮膚は一年中紫外線に晒されます。夏になると腕カバーをしている女性を見かけますが、夏だけでなく年間を通しての紫外線対策が重要です。
 

皮膚がんは見た目にわかりますので、比較的早期に発見されやすいがんと言われています。しかし、せいぜい少し変わったホクロだなあと気にとめずにいると手遅れになる可能性もあります。少しでも変だなと思ったら、病院の診察を受けるようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ