皮膚がんの原因と3つの要素

皮膚がんの原因について説明します。おおまかに分類すると以下の3要素になります。
 

①経皮毒
②環境問題
③紫外線

 

①の経皮毒は、毒にあたる物質が皮膚を経由して体内に入ることです。毒というと何かおどろおどろしい感じですが、簡単に言えば発がん性を持つ合成化学物質のことです。
 

今時、合成化学物質を含まない製品を探すのが難しいくらいですが、だからこそ重要性が増してきているとも言えます。経皮毒をもたらすものは、主に液体の製品が多いです。例えば、化粧品や洗剤など比較的毎日皮膚に触れる可能性が高いものが注意が必要です。
 

シャンプー類は経皮毒とも言われていますが、意見は分かれています。化粧品のように長時間皮膚に触れているわけではないこと、中に含まれる発がん性物質がなかなか皮膚を通して吸収されにくい説があること、などが理由です。
 

②の環境問題は皮膚がんだけとは限りませんが、発がん性物質を周囲の環境から体内に取り込まれることを意味しています。周囲の環境というと、水や食べ物、大気などです。いずれも直接口から体内に入り込むものです。様々な危険薬品、汚染物質、農薬、添加物など体に悪影響を及ぶす様々な物質が環境中に混ざっています。
 

③の紫外線は皮膚に炎症を生じさせ、それがやがて皮膚がんに発達するというものです。
 

以上のように皮膚がんの原因を分類しましたが、結局はいかに皮膚を悪い状況に置かないかということが重要です。シャンプーの例のようにすぐに洗い落としてしますのであれば問題ないのかもしれません。そういったことも含めて、上記の3種の原因を少しでも軽減した生活を送りたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ