日焼けマシンで皮膚がんになる?!

皮膚がんの原因として最も有名なのが紫外線ではないでしょうか?紫外線は皮膚がんの原因だけでなく、日焼けという見た目の問題もあります。最近では露骨に紫外線対策を施している人を見かけるようになりました。
 

見た目を気にして紫外線対策をしている人達がいるわけですが、その一方で紫外線対策をしている姿があまり良くないために一部の人たちから敬遠されているようです。
 

紫外線対策というと、帽子・日焼け止めクリーム・日焼け止め用腕カバーなどが思い浮かびます。これらも含めて「UV対策」が名前に先頭に着く商品がかなりあります。サングラスも目の紫外線対策には効果的です。
 

確かに紫外線対策に効果的だからといって、帽子かぶって腕カバーして、さらにサングラスかけていると見た目にはあまり良いものではないですね。
 

しかし、見た目の問題でなく皮膚がんの問題となると、見た目が悪いからと言って紫外線対策を敬遠しているわけにもいかなくなるでしょう。
 

紫外線と一言で言ってしまいますが、紫外線を浴びることで、日焼けします。日焼けも皮膚がんの原因の一つと言われており、発がんリスクを高めることになります。日焼けが皮膚がんの原因と言われるようになってから問題視されたのが、日焼けマシンだそうです。
 

参考までに、国際がん研究機関はがん発生の危険性が高い要因をグループ分けしています。最もがんの危険性が高いのがグループ1です。最近皮膚がんと日焼けとの関係が注目されたこともあり、日焼けマシンがグループ1に格上げ?されました。
 

さらに、紫外線を浴びた後のシミなども皮膚がんの原因の一つです。要するに、紫外線自身が皮膚がんの原因であるだけでなく、紫外線から生じる、日焼けやシミなども後々皮膚がんの原因になりうるということです。
 

紫外線は2重3重に皮膚がんの発がんリスクを高めているのです。逆に言うと紫外線対策をすれば、日焼けやシミの対策にもなり、それら3要素から皮膚がんの発生を抑制することになるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ