紫外線の影響と皮膚がん

紫外線により皮膚がんになりやすいことがわかっています。ただし、皮膚がんのなりやすさにも違いがあるようです。
 

最も皮膚がんになりやすいのはオーストラリア人です。オーストラリア人のような白人系の皮膚では紫外線によるメラニン色素の生成が少ないのです。
 

メラニン色素が少ないということは紫外線の影響をもろに受けやすいということを示しています。逆に日本人のような有色人種は紫外線を浴びるとメラニン色素が生成しやすいため、紫外線の影響を受けにくくなります。
 

本来紫外線は人間の体にとって必要なもので、日焼けの無い青白い顔をしていると不健康の代名詞のように言われていました。外で遊ばないと「もやしっ子」などとひ弱なイメージも付いてくるので、子供の頃は無理やり外で遊ばされたものです。
 

日光の元でアウトドアスポーツを楽しんでいる姿は確かに健康的なイメージを醸し出していますし、若いうちはある程度紫外線を浴びることが健全な成長には必要なことでしょう。
 

しかし、ある程度肉体的に成長し、加齢が進むようになると、今度は紫外線によるマイナスの方が多くなってきます。最近では紫外線を浴び過ぎると体に悪いということが様々に指摘されるようになりました。
 

そこで登場するのが「UVケア」です。夏が近づくと、そこいら中に「UVケア」が氾濫しだします。化粧品や日焼け止めクリームなどのケア用品だけでなく、帽子や腕カバー、サングラスのように紫外線が直接皮膚に当たらないようにするグッズもあります。
 

またUVケアの服もあります。これは紫外線を反射しないように処理した服です。意外と服からの反射が顔に当たったりするので、それを防ぐものです。
 

このように、皮膚に直接塗って紫外線を「通さない」、皮膚を覆って紫外線を「当てない」、身に着けている衣服から紫外線を「反射させない」といった様々な対策を施すことで紫外線を対策するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ