紫外線の対策

紫外線を浴びすぎると皮膚がんになりやすいことがわかっています。紫外線が目の病気になることもわかってきました。こういったこともあって、紫外線対策が必要となっています。
では少し紫外線のことについて知っておきましょう。
 

年間の紫外線のピークはいつごろなのでしょうか?まず思い浮かぶのは「夏は多そう」という感じがしますね。夏は子供も学校が休みとなり、急かされて外出の機会が増える時期です。しかも夏のレジャーはどうしてもアウトドアになりがちで、見上げるとギラギラと太陽が照っていたりします。
 

このように、いかにも夏は紫外線が多そうですが、月で表すとやはり7月や8月頃が最も多いようです。実際は春先から増え始めているようで、意外とゴールデンウィークに出掛けたら日焼けして大変だったとう経験もあるかと思います。
 

また布団干しのテクニックとして、曇りの日でも布団干しの効果があると言われています。とうことは曇りの日でも紫外線はそれなりに出ているということを意味しています。晴れていないからと言って油断は禁物ということです。
 

では、1日のうちのピークの時間帯はいつでしょうか?10時から14時の時間帯が最も多いようです。またも布団干しのテクニックですが、布団を干すのはこの時間帯が最適だと聞いたことがあります。
 

要するに最も紫外線が強いので、布団を干すのに絶好ということらしいです。ということは、紫外線を気にするのであれば、10時より前に布団を干して、14時を過ぎてから取り入れるようにした方が、紫外線の量も少なくて済むでしょう。
 

何しろ毎日のことですから、布団を干す時でも、サングラスをして日焼け止めを塗ってからベランダに出ると決めている人もいるようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ