ガンに効果がある食品(1)

皮膚がんの対策には外的要因を減らすことでがんの発生を抑制する方法と、内的要因を増強することで体内の免疫力を高め、がんを発生させない体を作る方法とがあります。
 

紫外線を浴びないようにUV対策を施すのは外的要因対策です。ここでは、内的要因対策として、一般的にがんの抑制に有効と思われている食べ物に関してまとめます。
 

がんの抑制に有効な食べ物は野菜類です。なかでも特に注目すべきは、ニンジンやレモンがあげられます。キャベツも同様です。
 

活性酵素という言葉を聞いたことがあると思いますが、この活性酵素があると体内の細胞ががんに侵されてしまいます。この活性酵素を除去するのがベータカロチンです。
 

ベータカロチンはニンジンに多く含まれることが知られています。ベータカロチンすなわちニンジンを食べることにより、がんを抑制することができると言われています。ところがニンジンは生で食べるとビタミンを破壊することが知られています。きゅうりも同じです。
 

これはアスコルナーゼが含まれているからです。アスコルナーゼを無力化するには加熱調理をすれば大丈夫です。中華料理ではきゅうりの皮をむいて油で炒めたりしますが、こういったことが理由です。
 

ところで、ニンジンは動脈硬化にも効果があると言われています。したがって特にがんに限ららず、体全体の健康のためにも積極的に食べた方が良いでしょう。
 

また、ニンジンだけ食べていても栄養のバランスが崩れてしまいます。野菜の種類のバランスも大事ですし、野菜や肉や魚、穀類などとのバランスを取ることも大事です。さらに、規則正しい生活を送ることも大事です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ