有棘細胞がんの特徴

有煉細胞がんは皮膚がんの一種で、けがの時の傷ややけど、また、放射線を浴びたことにより発症することが多いがんです。放射線というと特殊なもので自分は関係ないと思っているかもしれませんが、医療の分野でも良く使われていたりします。
 

よくレントゲン写真を撮ったりしますが、それも放射線を使っています。そういった傷・やけど・放射線の影響等により、皮膚の表面層が変質し、その変質した領域からがんが発症します。
 

ホクロやシミから悪性黒色腫に進行する場合は、細胞ががんに変化するのですが、有煉細胞がんでは表面の変質層ががんに変化するものです。
 

したがって、既にきずやヤケドとしての自覚症状はなくなっているのに、それらの跡がいつまでも残っている場合などは、皮膚が変質してしまった可能性があります。ただ残っているだけでなく、新たに変色したり、でこぼこしていたりして、皮膚の表面が以前の傷やヤケド跡と異なる様相を呈してきた場合は、有煉細胞がんの可能性があります。
 

有棘細胞がんは日光に当たる、当たらないに関係なく体中のいろいろなところに発生するがんです。また特徴として色白の人ほど発症しやすいようです。有棘細胞がんは、日光角化症のような皮膚がん前駆症が進行した結果発症することが多いです。
 

皮膚がん前駆症は文字どおり皮膚がんの一種ですが比較的初期的ながんです。皮膚がん前駆症が進行して有棘細胞がんになります。他にバージェット病やボーエン病もがん前駆症の類に入ります。
 

有棘細胞がんは比較的悪性が高いと言われています。転移もしやすく体の内部に入っていく傾向があります。したがって有棘細胞がんになる前の段階すなわち皮膚がん前駆症の段階で発見、治療したいものです。そのためには、以前にできてしまった、傷やヤケドなどの跡がどのように変化しているか、ある程度気にしておいた方が良いでしょう。
 

また、そういった跡が変化していくようであれば、即座に医療機関を受診するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ