沖縄の野菜とがん予防

抗酸化物質という物質ががんの予防に効果があると言われています。抗酸化物質は緑黄色野菜にたくさん含まれています。この緑や黄の色に秘密があるのでしょうか?ところで沖縄は日光や紫外線が強いですね。
 

こういうところで育った野菜って、いかにも色が濃そうです。ということは沖縄の野菜は色が濃い分だけ抗酸化物質もたくさん含まれているのでしょうか。
 

沖縄の平均年齢が高いことから、沖縄の食の研究が進みました。その結果、最近は沖縄の野菜ががん予防の効果があるとして注目されています。
 

沖縄の野菜と言えば何が有名でしょうか?何といってもゴーヤではないでしょうか?ゴーヤは地元の人が好んで食べる食材の一つですが、あの苦さで有名な野菜でもあります。なぜあんな苦い味を好き好んで食べるのか?と変人視されることもありますが、一度はまるとやめられませんよね。
 

ではゴーヤ料理と言えば何を思い浮かべるでしょうか?それはもうゴーヤチャンプルですね。ゴーヤチャンプルは、ゴーヤと豚肉と豆腐を油で痛めた料理です。
 

最近ゴーヤは近くのスーパーで買うこともできるようになりましたし、いろいろな場所でゴーヤチャンプルを食べることができるようになりました。それだけでなく、簡単に栽培することもできます。家庭菜園でもかなり良いゴーヤができます。ゴーヤ好きな方は是非チャレンジしてみてください。
 

地元では豆腐に島豆腐という豆腐を使ってゴーヤチャンプルを作るようですが、普通の豆腐でも大丈夫です。ゴーヤ独特の苦みは暑さによるものではないでしょうか?
 

夏の暑い時に育ったゴーヤは苦みが強くて、比較的低温で育ったゴーヤは苦みが弱くなります。ゴーヤの苦みが好きな人は、おひたしや漬物のように、なるべく生に近い方が良いでしょう。
 

ゴーヤにはビタミンCとともに、抗酸化物質がたくさん含まれています。夏バテ対策だけでなく、がん予防としても貴重な食材です。沖縄にはゴーヤ以外にも、シマニンジンとかリュウキュウヨモギとか、独特の野菜があります。これを機に沖縄野菜を使ってがん予防をしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ